探偵・興信所の料金相場

pak86_nayamubiz20131223_tp_v

探偵の代表的な料金体系

現代の生活はいろいろな人間関係が絡み合い、多くのストレスが発生しています。例えば夫婦生活において、お互いの信頼関係が崩れてしまっている場合があります。あってはならないことですが、それが原因で離婚につながることもあります。

そこに至るまで、なんの解決の糸口を見いだせないままでいるのは、非常に辛いことです。早い段階で探偵を使い、背景や原因を明確にしたほうが心理的にも軽くなります。その料金体系ですが、調査をおこなう上での基本料金、またそれ以外に交通費などを含む諸経費、依頼人に提出する報告書作成費用、最後に成果報酬などによって構成されています。

同時に調査には一定の時間を規定し、それ以上の時間がかかる場合は、延長料金が発生する仕組みをとっている場合が多くなっています。

平均費用(調査員2名、1時間あたり)

その調査の平均費用ですが、普通探偵は2人1組でおこなう場合が多くなっています。1人では調査をする上で動きにくく、なにか緊急事態が発生した場合には、調査をする相手を追跡できなくなってしまいます。調査員2人で25000円未満という相場が一般的です。
1人あたり12500円未満となります。もちろんケースバイケースで、その費用は変わっていきます。ただ2007年に制定されている探偵業法において、その料金相場は決められていません。いろいろな探偵業者を吟味して行くことが必要となっています。

安さ優先はNG

この探偵業界においても、価格破壊の波が及んでいることは否めません。しかし、あまりに安い調査費用を提示するところは、その信用性に疑問が持たれています。まっとうな調査をおこなおうとするならば、当然それなりの費用はかかってしまうものです。

交通費や高速道路代などは一定ですが、もっとも費用のかかる人件費を圧縮してしまうと、調査のクオリティ自体が非常に低いものになってしまいます。相場は長年の実績に基づいて算出されてきた金額ですので、それよりもたいへん安くなっていれば、人件費を押さえ込もうとする疑念があります。せっかく費用をかけて調査をするのですから、間違った方向性の結果を得たくはありません。

費用が安すぎるということは、もともとの調査力に自信がなく、実績も少ないところです。真剣に調査依頼をしようとする場合は、上記の点によく注意をして依頼をすることが重要です。

 

カテゴリごとに記事をみる