いやがらせ・いじめの調査について

150415502186_tp_v

最近こんなことはありませんか?

家の前にゴミが撒かれていたり、鉢植えが倒されていたりなどのいやがらせを受けていませんか?また、自転車のタイヤがパンクしている、誹謗中傷の張り紙が貼られていたなどの精神的にくる嫌がらせを受けている方はいませんか?

また、お子さんが学校の話をしなくなった、お小遣いを頻繁に欲しがるようになったなどの場合、いじめにあっていることも考えられます。このようないやがらせやいじめなどの悩みを抱えている人は、年々増え続けています。また誰がしているのか、犯人を特定することができずに悩んでいるご家庭も多いでしょう。お子さんのいじめの場合は本人に聞いても答えてくれないことも多く、解決するのに時間がかかってしまいます。いやがらせやいじめの場合は、重大な事件に発展する前に解決しなければなりません。

 犯人の多くは知人

このようないやがらせやいじめは、ほとんどが知人の犯行であることが多いでしょう。ご近所関係のトラブルや、全く身に覚えがないままいやがらせを受けるということも増えており、自分たちで解決するのは困難な場合も多くなっています。お子さんのいじめの場合も学校に聞いてもはぐらかされることもあるでしょう。まず、誰が何の為にこんないやがらせやいじめをしているのかをしっかりと把握することが解決の1歩に繋がっていきます。

調査方法

いやがらせ調査の方法としてまず思いつくのが警察かと思いますが、警察は迷惑行為を受けているぐらいでは動いてくれません。それなりの証拠などがなければ、すぐに動いてくれることはないでしょう。警察は慢性的な人員不足もあり、事件の優先順位があるため、どうしても二の次になってしまいます。そこで、いやがらせ調査をしてくれる探偵や興信所を利用しましょう。

いやがらせ調査を自分でするのはとても大変です。犯人が監視している場合もありますので、下手に動いてしまうと証拠を掴むこともできなくなってしまいますから、プロに任せましょう。

いやがらせ、いじめに遭わない方法

いやがらせを受けないよう過ごす方法は、簡単なようでとても難しいです。人とトラブルを起こさないということはとても大切ですが、稀に全く身に覚えのない状態からいやがらせが始まる場合もあります。この場合は悪化すると事件に発展することもありますので、早めの対処が必要でしょう。

日頃からご近所や子供の友人関係とコミュニケーションを取ることも予防に繋がります。マナーを守り節度ある行動を心掛けましょう。

カテゴリごとに記事をみる