ストーカー調査について

yuka160113524226_tp_v

ストーカー行為とは?

好意を持った相手に付きまとう人間だけをストーカーと指すわけではなく、恨みを持って親族や知人に嫌がらせをする人間もストーカーと呼ばれます。

付きまとい行為を続ける理由は様々で、本人と被害者に何の交流も無いにも関わらず、一目惚れを理由に付きまとうストーカーも珍しくありません。

恋人と別れたつもりだったのに、相手からすると未だに付き合っていると考えて、付きまとい続ける人間も中にはいます。

一方的に縁を切られた親族が恨みを持って、自宅だけでなく職場にまで押しかけてくるストーカー行為を行う事も多いです。

ストーカー自己防衛対策

まずストーカー被害を法的に立証するために、相手から受けた被害を証拠として一つずつ残していく事が重要になります。

ストーカー調査を行う探偵は付きまとい行為の証拠を写真や、映像で残す技術を持っているからこそ、早期にストーカー被害を警察に認めさせる事が可能です。

自宅のドアや窓ガラスに防犯機能を備え付けて、衝撃が加えられたら自動的にアラームが鳴るようにするといった対策も忘れてはいけません。

もしストーカーが自宅に入り込んできた時のために、逃走ルートを考えておいたり、すぐに警察や探偵に電話を入れられる状態を作っておく事も必要です。

 

調査方法

ストーカー調査では自宅の周囲だけでなく、通勤に使う電車など移動中にもストーカーが付きまとっていないか調査を行います。

一日にどれぐらいの時間を付きまとわれているのか分かるだけでも、ストーカーの危険度を判別する事ができるので、警察もストーカーに対処がしやすくなるという点が重要です。

ポストに動物の死骸を入れるといった、嫌がらせが実行されようとしている瞬間の証拠を残すのも、ストーカー調査の一部となります。

ストーカー被害を立証できた数が多いほど、ストーカーに対する法的制裁を大きくする事が可能です。

調査費用相場

付きまとい行為が続いている証拠を写真で撮影するだけであれば、3000円や5000円ほどで済ませる事ができます。

犯人特定や証拠収集などのストーカー調査に、1日に8時間ほどかけてもらう場合は、1日につき4万円から5万円程度の費用が必要です。

撮影代や車両代はセットになっている事が多いので、1日に10万円ほどの費用が必要になるという事は中々ありません。

自分自身でストーカー対策を行うためのアドバイスは、無料で対応している探偵も珍しくないので、知識を深めるために気軽に役立てる事ができます。

カテゴリごとに記事をみる