探偵ができないこと

oy1151013340829_tp_v

探偵は特別な権利、権限がありません

探偵というと浮気調査などで利用するとよく聞きますが、探偵が他にできることはどういったものがあるかというと張り込み・聞き込み・尾行と主にはこの3つになります。

他にも方法はありますが、重要な点は法律に違法でない方法で行うというところにあります。探偵には警察のような特別な権限や権利を持っていません。ですので、どんなことでも行えるというわけではありませんので注意してください。

探偵ができない業務

探偵が行えない調査内容としてはGPSを利用した調査や相手の自宅に侵入して部屋番号などを調べる、盗聴、盗撮、発信器を設置しての調査、別れさせる行為、殺人請負、復讐の代行、恐喝、脅迫、個人情報の公開、犯罪歴の調査、銀行データの調査、戸籍などの公簿の取得、クレジットカードの利用状況の調査、復縁工作などと探偵が行えない業務は数多くありますので依頼する際は注意してください。また、これらに無い調査内容でも調査目的として調査した結果個人が差別されるような依頼でも探偵は業務を行えません。

依頼者が罪に問われる可能性も…

探偵事務所の中には悪質なところもありますので気を付けてください。優良な事務所の場合は依頼の時点で断りますが、悪質なところだとそのまま依頼を受けるところもあります。

そこでのデメリットとしては、依頼した自分が罪に問われてしまう可能性があるということです。悪質な探偵事務所だと法律に反した業務内容でも気軽に請け負うことがあります。また法律に反した業務内容でなくとも悪質なところだと調査がもう少し掛かるといって追加料金を請求したり、納得のできる調査結果を持ってこないということもあります。

ですので、探偵事務所選びは慎重に行うことが重要です。その方法とは、まず事務所の住所や固定電話番号が記載されていて実在するかどうかです。住所や電話番号が記載されているからといって実在しないものも中にはありますので注意してください。また事務所の名前が頻繁に変わっているところも要注意です。公式ホームページなどでは料金表が記載されているかということ。

次に依頼の際に行う面接時での注意点は、依頼の内容をきちんと質問するか、依頼に伴うリスクやデメリットなどの説明がきちんとあるか、依頼側が質問したのに対して明確な回答をするか、料金体系の説明、重要事項の説明、探偵業法7条(調査目的確認)を書面にて行ったか、前払いの際に料金総額の3割以上を求められていないか、依頼内容をきちんと確認したうえで見積もりを出しているかなどといったことを注意しながら対応してください。これらのことが行われていないところは悪質の可能性がありますので依頼はしないようにしてください。

カテゴリごとに記事をみる