探偵ができること

oy151013440064_tp_v

主な仕事内容

相談者から受けた調査内容は当然守秘義務がありますので、その調査内容はどんな人に対しても他言無用です。相談者から探偵に依頼されるものの多くは調査業務で、中でも浮気調査が多いです。浮気調査は探偵が担当する案件の半数以上を占めるほどメジャーな依頼事となっています。

調査の結果第三者の存在が明らかとなった場合は、時にはその第三者との関係を裂くなどの具体的な行動に出ることもできます。相談者は個人からとも限りません。時には企業からも依頼を受けます。企業が採用しようとしている人材の身辺調査などです。

探偵ができる調査

1-聞き込み調査

聞き込み調査は尾行調査や張り込み調査をしたあとに、近隣の方々などから直接話を聞くというものです。探偵だと名乗って話を聞こうとすると相手に警戒されたりする場合もあるので、探偵だと名乗らず都合のいいストーリーを作り出して相手から話を聞く場合もあります。さらに、遠方の方への聞き込み調査の場合は電話による聞き込みも行う場合があります。

2-尾行調査

尾行調査には主に歩行尾行と車両尾行の2種類があります。歩行尾行はさらに電車に乗ったりバスに乗ったり飛行機に乗ったりすることもあります。一般的に歩行尾行の方が容易だとされています。車両尾行の場合は尾行対象者が後方もミラーで自分のタイミングで簡単に確認できるため、とりあえず尾行する、という形だと尾行に気付かれる恐れがあります。さらに、突然の他の車両の割り込みや信号など、障害が多くあるため難しい尾行だとされています。

3-張り込み調査

張り込み調査には歩行尾行の延長線にあたる「立ち張り」と、車両尾行の延長線にあたる「車内張り」があります。車内張りは、証拠写真撮影のための車内張りなのか、車両尾行の途中で尾行対象者が例えばコンビニに寄り道したため待機するための車内張りなのかに分かれます。車内張りの際には車を停めた周辺の雰囲気を素早く感じ取って、どの辺りに停めるのが適切なのか、さらには車内のどこで待機しておくのが適切なのかを考える必要があります。

自分にとって探偵が必要か見極めましょう

今回は仮に浮気調査という場合を想定します。この場合は相手の浮気の時期を見極めてからでないと、探偵に調査してもなかなか証拠が出てこないので効率が悪いです。浮気していることが判明した場合は、相手に財産があるのかどうか考える必要も出てきます。

もし、裁判を起こす場合は慰謝料などの請求によって賠償額の回収をすることになるわけですが、相手に財産がなかった場合は回収が難しくなるためです。あとは、浮気していることがわかったあとに裁判を起こすつもりがない場合にも、調査料金に見合う賠償額の回収が出来ないこともあり得るので、探偵に依頼するかどうかは慎重に判断した方が良さそうです。

カテゴリごとに記事をみる