過去の配偶者の浮気。どう対応したらいい?

2018年4月14日

夫婦間は至って問題はなく順調に生活をしている最中、配偶者の過去の浮気が何らかの拍子で発覚し離婚に至るケースも少なくありません。

実際に今は浮気しているか分からない、、、
まずは配偶者に問いただし、素直に答えてくれればいいですが、浮気が継続していたとしても正直に話をする方は一握りでしょう。通常であれば継続はしていないと言う場合が多いですよね。

夫(妻)の過去の浮気が分かり、浮気相手に対し慰謝料を請求したいができるのか?
慰謝料はいらずとも、誠意をもって謝罪をしてほしい 等
様々な感情を抱くと思います。

浮気による慰謝料の請求に関しては原則3年迄が時効となります。

例えば、メールやレシートや日記やメモを見つけて過去の浮気が分かった場合、
日付がいつのものなのか?
不貞があるとわかる証拠なのか?がポイントとなってきます。

先ずはご自身で当時の証拠をできるだけ集める事がポイントとなります。
継続をしている可能性があるのであれば、問いただす前に必ず証拠を押さえておきましょう。今からでも遅くはありません。離婚をするにもしないにも、慰謝料を請求するにもしないにもあなたが有利な状態を確保する、権利を発生させる事が大切です。

浮気相手に対し謝罪を求めるにも、先ずはどこの誰なのか、浮気の事実は本当にあったのか
話をするにもいずれにせよ証拠は大切なポイントになってきます。

1人で抱え込まないで下さい。
世間体などを気にし、身内や周りの人に相談が出来ずに苦しい、困っている、話を聞いてほしい、今後の対応はどうしたらいいのか、自分ではどうしようもない、気持ちの消化ができない、、、と悩んでいる方は一度ご相談されてみて下さい
何か答えが見つかるかもしれません。

過去の配偶者の浮気。どう対応したらいい?

2018年4月14日