企業調査(法人様向け)の費用相場

企業としてのリスクマネジメント

部下・上司を問わず、人を信用することはとても重要なことですが、
信用して仕事を任せることと、相手を過信して放置することは全く違います。
何か悪い噂を耳にした際に、それを放置し続けたことが原因で
会社の重要な機密事項が漏れてしまったり、結果として金銭的な損失を被ってしまう
というようなことは絶対に避けなければなりません。
企業調査は、対象者の“普段は目の届かない社外での行動”を確認いたします。

サボり行為の裏付け

営業活動中に、パチンコをしていたり、副業をしていた。他社の就職面接に行っていた等の実例もあります。

情報の漏洩

取引先や同業他社の人物に重要な機密事項などの情報売り渡していた等の実例もあります。

昇進対象の部下

同僚のパートナーと不倫関係だった、取引先から借金をしていた、など会社内では見えなかった実例もあります。

人物像・交友関係

会社内では温厚だった人物像だったが、担当取引先の1部が個人で繋がりのある反社会が絡んだ会社だったという実例もあります。

労災で休暇中

就業中のケガとして労災で自宅静養しているはずが、パチンコや飲み屋などで遊び歩き、旅行に行っていた実例もあります。

嫌がらせ・ストーカー行為

社内の同僚に対してストーカー、つきまとい、嫌がらせ被害など、気づかなければ大きな事件になっていた実例もあります。

一番大事なことは「何が起きているのかを知ること」です。

対象者の行動を徹底的に調べ、決定的な証拠を押さえる事が重要です。

元々会社を裏切っている人物に対して「辞めてくれ」や
「会社の経営が厳しいので…」とお願いをした所で、
会社を辞めてくれる訳がありません。

どこの会社もサボり社員に給料を払っている余裕はありません。
確実な証拠を取り、仕事をしない社員に給料は出せない!と会社として毅然と対応する事が大事です。

企業調査にかかる費用も、
調査員の数×時間=調査費用が基本になってきますが、

企業調査の場合、調査手法も多岐にわたるケースもありますので、その場合は調査手法によって
料金が異なってくるケースも出てきますので、

対象者の何をしらべてもらいたいのか?を明確にしてから依頼をするか、
MIAKTAに相談してもらえれば、同様な調査が必要になるのか?を無料でアドバイスさせて頂いております。