アプリの浮気チェック

アプリの浮気チェックは役にたたない?

浮気をチェックするアプリとして、ケルベロス・Prey Anti Theftが有名ですが、元々は浮気をチェックする為のアプリではないので、相手の端末にインストールしなくてはいけない難易度、さらにアプリによってはアイコンが隠せなかったり、通知が分かってしまったりするので、実際には相手に同意の上でインストールしないといけないので、浮気チェックとなると実用的ではないかもしれません。

アプリ系のチェックは、LINEやカカオトークなどは今の時代は普通にいれているケースも多いので、それ以外のアプリをチェックしてみましょう。

浮気によく使われているアプリ

浮気によく使われるのは、やはりLINEが1番多い様ですが、入れている人が多い分機能も知られているのでチェックする事も容易かと思いますが、詳しく分からない方はLINEをチェックしよう確認してみてください。

LINEの普及で忘れがちになっているのが『twitter』。みなさんご存知かと思いますが、使っている人にとってはメッセージのやり取りは当然ながら、これを出会いの場にしている方も実は多いのです。なぜでしょう?

LINEは1端末に1IDしか持てないのが基本ですが、『twitter』のアカウントは複数持てるので、通常使うアカウントと浮気アカウントという感じで分ける事が出来るので、実はtwitterで浮気している人も多いのです。

もう一つの理由は、『twitter』のアプリはアプリはLINE同様にロックをかけられるというのは同じですが、LINEはアプリが基本になるのに対して、『twitter』のアプリはもし何かあって削除したとしても、WEBからも入れるのでバレにくいのです。

もし、バレてしまっても、新たにアカウントを作成すればよいので、浮気にはバレやすいLINEよりもtwitterで!という方も多いので、パートナーの浮気を疑う場合、twitterのアプリが入っているか聞くだけでも、相手は動揺するかもしれません。

スマホのアプリだと、後は『Between』でしょうか。このアプリは完全にカップル専用でチャットルームという形式、アルバムとカレンダーが共有できます。このアプリの機能に記念日カウント機能というのがありますが、出会って何日目、初デートをして何日目、付き合って何日目などを設定できるので、このアプリが入っていたら間違いなく浮気をしているでしょう。

アプリをチェックするには?

・iPhoneの場合

パートナーがどのアプリをスマホに入れているか?については、iPhoneであればアイコンがあるかないか?で判断している方が殆どかと思います。しかし、画面内に怪しいアプリのアイコンがないからと言って、油断してはいけません。

怪しいアプリの確認方法は、まだあります。まずAppStoreを開いて気になるアプリを検索してみてください。該当する怪しいアプリの右側に”開く”と書いてあれば、そのアプリがインストールされていますが、それは画面で確認できます。

 

しかし、”開く”ではなく、ダウンロードマークであれば、インストールしたけど削除した事を表していますので、相手が怪しいと思われていると感じた時に一時的にアプリを削除している可能性があります。

AppStoreを検索してみて”入手”や”開く”以外になっていた場合は、一時的にWEBでサービスを利用して、ほとぼりが冷めたら改めてアプリをインストールして使うケースもあるので、iPhoneの画面にアプリのアイコンがない場合はAppStoreもチェックしてみてください。

 

・Androidの場合

Androidの端末の場合は、インストールしているからアイコンがあるとは限りません。アプリをインストールすると画面にはショートカットというカタチで設置されます。iPhoneの場合はこのアイコンを削除すればアプリも端末から消えますが、

Androidの端末の場合は、元々アプリのショートカットとして置かれているだけなので、アイコンがない=インストールされていない。ではないのです。画面に怪しいアプリのアイコンがないからといって安心してはいけません。

iPhoneと違って端末ごとAndroidのバージョンによって操作方法が異なる事が多いのですが、最近のGalaxyやXperiaであれば、待ち受けの画面で上にスワイプするか、アプリアイコンを押せばインストールされているアプリの一覧が表示されますが、確実なのは設定画面のアプリを確認する事です。

そこに、インストールされているアプリが表示されていますので、画面にショートカットのアイコンがない場合でも、その一覧には怪しいアプリが表示されている可能性がありますので、まずはそこからチェックしてみてください。

次に、iPhoneにAppStoreがある様に、AndroidにもPlayストアというのがあります。このショートカットを消す人は殆どいないのでiPhoneのAppStore同様にAndroidのPlayストアもチェックしてみましょう。

AndroidのPlayストアを開くと、左上に漢字の三に似たマークがあり、それを押すとメニューが現れます。メニューのマイアプリ&ゲームを選択してください。ページの上部に、”アップデート”、”インストール済み”、”ライブラリ”という項目が見えると思います。

”アップデート”は、端末にインストールしていて、アップデートが必要なアプリの一覧。”インストール済み”は現在インストールされているアプリの一覧。”ライブラリ”は、使用している端末に元から入っていてインストールしていないアプリ、インストールしたけど削除したアプリの一覧が出てきますので、

端末の画面にショートカットがなく、”インストール済み”にも無い場合は、”ライブラリ”に怪しいアプリの名前がある可能性もありますので、AndroidはPlayストアでチェックする事をおススメします。

パソコンのアプリ

また、最近はスマホの機能やアプリが年々進化してきていますが、実はまだガラケーを使っている方も多くいらっしゃいます。

それでも、浮気をしている人は相手と連絡をとる為に、バレやすいスマホやガラケーよりもパソコンを使うケースも多くなってきています。

何故なら、スマホのセキュリティも年々上がってはきていますが、寝ている間に指紋認証でロック解除される可能性を考えれば、パソコンを使って連絡を取っていた方がバレない可能性が高いのです。

パソコンから使うアプリで有名なのは、Skypeやチャットワーク。Skypeなどは最初からパソコンに入っている事が多いので、パソコンを使う人で知らない人は殆どいないかと思います。仕事上で使っている方は多くいますが、プライベートでも日常的に使っている人は実は少ないのです。

また、チェックしたくてもパソコンの場合は、ある程度知識がないと簡単にはチェックできないケースだったり、スマホの様にロックがかかっていなければ怪しいと思う事が少なく、パソコンのチェックをしていない人が殆どです。ロックをしていないから大丈夫。という事ではなく、バレないと思っているからこそ、敢えてロックをしない。と考える事も大事です。

アプリの浮気チェック