携帯電話をしかける

携帯電話で車内の会話をチェック

携帯電話は相手と通話するためのアイテムですが、『オート着信機能』を利用することにより、車内での会話を聞くことが可能です。

オート着信機能とは、設定した回数分だけ呼び出し音が鳴ると、自動的に通話状態に切り替わる機能のことです。

オート着信に設定した携帯電話をこっそり車内にしかけておいて、パートナーと浮気相手のドライブ中に車内の携帯電話に電話をかければ、自動的に着信に切り替わり、車内の会話を聞けるようになります。

現代は1人に1台以上が携帯電話を所有しているので、ボイスレコーダーのように新たに機器を購入する必要がないことから、比較的手軽に行える浮気調査と言えるでしょう。

携帯電話をしかける方法

車内に携帯電話をしかける際は、パートナーや浮気相手に気づかれないよう、しかけ場所携帯電話本体の設定を考慮する必要があります。

まず、携帯電話本体については、イヤホンマイクを使用し、着信音と着信バイブ、画面のバックライト、アラーム、電池切れの音をすべてオフに設定します。

さらに、車内にセットしている間に他の番号から電話がかかったりしないよう、着信番号を限定着信にセットしておくのも忘れないようにしましょう。

携帯電話本体の設定が済んだら実際に車内に携帯電話をしかけますが、車内の掃除や急ブレーキ時の振動で簡単に見つかってしまうような場所はNGです。

隠し場所のポイントとしては、なるべく携帯電話をしっかり固定でき、なおかつ一見して見つからないようなところを選ぶようにしましょう。

携帯電話をしかける時の注意点

車内に携帯電話をしかける方法は今すぐできる手軽な方法ですが、その反面、携帯電話ならではの注意点がいくつか存在します。

注意1.マイクの性能

携帯電話は本来、送話口に密着した状態で話すことを前提としているため、そのマイク性能は決して高いとは言えません。

また、車内にはパートナーと浮気相手の会話だけでなく、エンジン音や振動音などさまざまな雑音が入り交じるため、会話内容を正確に拾うのはやや難しいと言えるでしょう。

そのため、よりクリアな音声を拾うためには、携帯電話に接続できるタイプの集音マイクあるいは高感度マイクなどを別途取り付ける方が確実です。

ただ、これらはシガーライダーソケットから電源をとる必要があるため、パートナーや浮気相手に感づかれずに設置するのは難しくなります。

中には携帯電話専用の集音マイク高感度マイクも存在しますが、高価であるため、ボイスレコーダーを購入した方が安上がりです。

注意2.電池の残量

携帯電話の最大連続通話時間は機種によって異なりますが、平均して200分前後が限度となっています。

そのため、車内の会話を聞けるのは約3時間強となっており、あまり長時間会話を拾うことはできません。

また、電波状態によっては通常より早く電池を消耗する場合もあるので、要注意です。

電池の残量については、乾電池式の充電器を接続して充電するという手もありますが、充電器の分だけサイズが大きくなってしまうため、車内で発見されやすいというデメリットがあります。

注意3.録音

携帯電話にはボイスレコーダー機能が搭載されているものがあり、車内で拾った会話を録音することが可能です。

ただ、ボイスレコーダー機能の有無は機種に依存するため、非搭載である場合は別途携帯電話の通話を録音できるアイテムを購入・接続する必要があります。

携帯電話をしかける