浮気調査にはGPSを使おう!

GPSはリアルタイム型を選ぼう

GPSといっても種類がありますが、1つはリアルタイムの行動がみれる”リアルタイム型”と、1つはマメに回収してパソコンなどで行動したデータを地図で確認する”ロガー型”タイプがあります。

リアルタイム型は、言葉の通り調べたい相手の行動がリアルタイムに分かりますので、今どこにいるのか?が明確になります。

ロガー型は、GPSで測位したデータを基に、どこに行った、どこを通った、どこに寄ったなどの測位データを、いったんGPSを取り外してから地図で確認するタイプになります。

ロガー型は、例えば外回りの営業マンなどに持たせて、さぼってなかったか?交通費などをごまかしてないか?など、後で確認してもよい行動であれば”ロガー型”でも良いのですが、ホテルに入った、出た。などの情報がリアルタイムではないという点とその都度取り外さないといけないので、”ロガー型”は浮気調査には向いていないと言えます。

また、最近だとスマホのGPSの機能で確認される方もいらっしゃいますが、調査に使うGPSと比べると測位データの精度が悪いので、ホテルに入っていたとしても、隣や真向かいのビルにいる感じになってしまうケースも少なくありません。

Androidの場合、パートナーに分からない様にスマホのアプリをいれるケースもありますが、これも結果的には調査専用のGPSと比べると測位データの精度が悪いのでおススメはできません。

やはり、浮気調査には”リアルタイム型GPS”が1番おススメです。

”リアルタイム型GPS”はどこで買う?借りる?

”リアルタイム型GPS”は最近ではレンタルしてもらえる所、購入できる所がありますが、それぞれのメリット・デメリット、使用目的や使用期間を考えて総合的に決めた方が良いかと思います。

”リアルタイム型GPS”を手に入れる簡単な方法は、”GPSレンタル”でネットで検索してみてください。いくつかのレンタル業者が出てきますので、自分の利用目的に合う端末があって、納得できる料金であれば申し込んでから数日で手元に届くかと思います。

レンタルにはもう一つ方法があります。探偵会社の使っている”リアルタイム型GPS”をレンタルする方法です。プロが実際の調査で使っている事もあり、精度が高く、機能性があり、小型でも一般でレンタルするものよりもバッテリー持ちがいいようです。

”リアルタイム型GPS”は、今どこに?という事が瞬時に分かりますが、GPSの居所を検索すればその分バッテリーが消費しますので、最初にGPSを付けた時は何回も検索してしまい、バッテリーがもたずに実際にホテルに入るころにはバッテリーが切れてしまった。という話もよく聞きます。

レンタル製品は、バッテリーの大きさが決まっているので、検索の頻度が多いと思ったよりもバッテリーの消耗が激しいのですが、プロが使用している”リアルタイム型GPS”は、長期間に耐えられるバッテリーになっているので、

最初に”リアルタイム型GPS”を使うのであれば、探偵会社でレンタルしているものを使い、長期間使用する事が目的なのであれば、購入する事も検討すればよいかと思います。

 

GPSはどこでつければいいか?

GPS端末の設置場所は内部ではなく外部が基本になります。車の車内だと電波が届かない時も出てきますので、必ず外部に取り付ける様にしてください。

 

GPSの端末には設置用に必ず強力な磁石がついていますので、車であれば底部スペアタイヤがあるあたりか、バンパー付近であれば見つかりにくく取り外しも容易です。マフラー付近しか設置出来ない場合は熱で故障する可能性があるので注意が必要です。

 

自転車であればサドルの裏、バイクの場合は個体差もありますが、タンク下やステップ下などに取り付ける事が多いかと思いますが、バイクは振動が大きいので、設置する際は磁石がつかない所であれば強力な両面テープなど落ちない様に設置する事が大事です。

 

車もバイクも乗らない場合は、カバンなどに忍びこませて分からない様に縫い込んでしまうのも1つの方法です。

 

また、外車の場合は国産車と車体の仕様が違うので、底部に取り付けられない事もありますので、車に設置する場合は車の名前を伝えて、設置可能な車種なのか?を確認しておく事も忘れてはいけません。

GPSは自分で取り付けるのが基本

よく、GPSをレンタルした。購入した。けど、自分ではつけられないので設置して欲しい。という声もよく聞きますが、設置する対象物の所有者以外がGPSの設置を行う事は、器物破損や住居不法侵入にあたります。配偶者や家族以外の人間が設置する事は罪になってしまう可能性が大きいので、必ずご自身で設置してください。

どうしても、ご自身で出来ない場合は、設置する際にご自身が必ず立ち会う事が重要なので、最初から誰かに取り付けてもらおうというお考えなのであれば、探偵会社に調査と一緒にお願いするのが1番かと思います。

GPSはどの位の期間つけてればいいか?

GPSの設置期間は人それぞれにはなりますが、出来れば初めて設置してから2週間~1か月程度は様子をみて、ある程度の行動パターンを把握しておく方が良いかと思います。

 

怪しい日が分からないけど浮気している可能性が大きい。という場合は行動パターンを予測できていると、その予測が当たる事も多いので、最初の2週間~1か月で行動パターンが把握できる様にしておきましょう。

 

また、ご自身でGPSをレンタルしたり、購入したりした場合は、相手が外出中の場合は全てご自身で追わないといけなくなるケースの方が多いのでかなり気を使います。しかし探偵会社に依頼している場合は、ある程度はリアルタイムで監視してもらえるので、動きがあれば即向かってもらえるメリットを考えると、浮気調査は探偵会社に依頼するのが1番かと思います。

浮気調査にはGPSを使おう!