LINEをチェックしよう

LINEが浮気を後押し??

今では日本人の3人に1人はスマホに入れている言われる便利なLINEアプリ。大昔のポケベルでの数字メッセージのやり取り、

ひと昔前のガラケーのキャリアメールでやり取りをしていた時代に比べると、スマホに取って代わってからは、

簡単にIDが交換でき、メッセージを送るのも簡単、スタンプなどの機能も進化している事で浮気を後押ししていることをご存知ですか?

パートナーが怪しいと思ったら、まずはLINEをチェックしてみましょう。

ここでは、知っている人は知っているけど、チェックする時には見逃しがちなトコをまとめてみました。

チェックポイント その1

LINEをチェックするには、設定> 友だち> 非表示リストをまず確認してみましょう。

無料サービスを受ける為に公式アカウントが増えすぎて非表示にしているケースはありますが、友だちを非表示にする意味合いは

あまりないかと思いますので、非表示になっている友だちがニックネームからして同性なのに、トークの内容が異性に対して

送っている感じであれば、ほぼ、間違いなく他の異性がいる可能性が大きいかと思いますので、まずはそこからチェックしてみましょう。

また、非表示のチェックが終わったら次は同じくブロックリストをチェックしてみましょう。用心深い人だと一緒にいるときに

間違ってもLINEが来ない様にあえてブロックにするケースも最近増えてきているので・・・。

チェックポイント その2

最近では、タイムラインのチェックも見逃してはいけないポイントになってきています。というのも、LINEでメッセージのやり取りを

するのではなく、浮気相手が何気なく食事のシーンをタイムラインにあげておいて、そこからのコメントでやり取りしているケースも最近では増えてきています。

タイムラインでのやり取りは、お互いの友だちも参加してくる事も当然ありますが、そこでのやり取りはお互いにしか分からない様にやり取りしていたり、

コメントを入れずにいいねスタンプだけで分かる様にしていたりと、一見見ても分からないかもしれませんが、タイムラインにアップしている頻度などもチェックしてみましょう。

 

チェックポイント その3

次のチェックポイントは、スタンプショップ。これは以外にレアなケースなのですが、最近ではスタンプをプレゼントしたりする事も

増えてきているので、チェックしてみてもよいかと思います。

LINEの下にメニューバー> ウォレット> スタンプショップ

を開くと見慣れたスタンプショップが出てきますが、そこから左上にある設定ボタンを押して設定メニューを呼び出すと、

スタンプの設定メニューが出てきます。

メニューのプレゼントボックスを見てみると、受け取ったプレゼントと贈ったプレゼントという項目が出来てきますので、

そこにスタンプに一覧が表示され、上段はスタンプ名、下段にもらった相手、又は贈った相手が表示されます。

ここの表示される相手の名前は、ブロックしたり非表示にしていても、もらった・贈った相手として残るので、チェックポイントとして

あまり知られていないのですが、非表示やブロックと違って隠しようがないので、ここに出てきた相手は怪しい関係の可能性大ありです。

チェックポイント その4

また、もう一つのポイントは、受け取ったプレゼントがどこからのスタンププレゼントなのか?です。中には浮気相手にプレゼントを

する際に、購入するお店などでLINEの友だちになると割引します。とか言われると、ついつい友だちになるケースも・・・。

その友だちになったお店が、使う必要のないものだったりすると、それは浮気相手へのプレゼントかもしれません。

LINEをチェックしよう