探偵による浮気調査

浮気調査のプロ・探偵

探偵とは、人からの依頼を受け、聞き込みや尾行、張り込みなどさまざまな方法によって特定人の所在・行動の情報を収集する調査業種のひとつです。

その性質上、調査内容は多岐にわたりますが、中でも特に多いのが浮気調査。秘匿性の高い探偵は浮気調査にうってつけの職業で、プロならではの知識やノウハウに基づき、依頼人が求める情報や証拠を収集・報告してくれます。

以前は探偵会社に対する法律は特に定められていませんでしたが、その後トラブルが多発したため、平成19年に探偵業法を制定。

以降は所定の届出を出さなければ探偵と名乗ることができなくなり、探偵・調査業法のもと、健全な運営が行われています。

探偵に頼むメリット

探偵に浮気調査を頼む一番のメリットは、ターゲットに知られることなく必要な情報を入手できるところです。

以前は調査業というと興信所に依頼するのが一般的でしたが、興信所の主な業務は結婚相手の身元確認や企業の雇用調査などが大半を占めるため、ターゲットに対して興信所からきた調査員であることを口頭で伝える傾向にあります。

また、依頼の性質上、あまり深いところまでは調査しない傾向にあり、周囲への聞き込みだけで済ませてしまう場合もめずらしくありません。

その点、探偵は浮気調査など秘匿性の高い依頼を取り扱うことが多いため、身分を明かさないのはもちろん、ターゲットに気づかれないよう身辺調査を行ってくれます。

さらに、調査の度合いも深く、尾行や張り込みを続けることでかなり正確にターゲットの人間関係や行動を調査することが可能となっています。

探偵に頼むデメリット

探偵に浮気調査を頼む際のデメリットは、費用が高額になりやすいところです。

前述の通り、探偵は長時間の尾行や張り込みを行うことで、ターゲットの1日の行動をくまなく調査します。

そのため、移動費などの諸経費がかかるほか、場合によってはほぼ24時間体制で調査するため、かなりの人件費がかかってしまいます。

もちろん、そのぶん調査内容はきわめて詳細かつ確実なものとなりますが、調査日数が長期に及んだ場合、相当な出費が予測されます。

探偵による浮気調査